• hara □ 知覚過敏と噛み合わせ②

    投稿者:clover

    院長の原です。

    前回は知覚過敏の原因となるくさび状欠損のでき方をお話ししました。

    噛み合わせの部分に自然ではないの横からの力が加わると根元の部分に応力が集中して結晶が剥がれるというものでした。

    今回はその噛み合わせになる原因をお話ししたいと思います。

    これが正常な咬合です。

    矢印の方向に歯がスライドしていきます。

    犬歯(一部小臼歯)がぶつかることにより奥歯が当たらなくなります。

    これを「ガイド」している状態といい、この状態を理想とし、全体的な治療をするときもこの状態を目指してすることが多いです。

    しかし犬歯がすり減ったり、治療により形が変わったりすると、歯の長さが短くなり、「ガイド」できない状態になります。

    この状態になると横の力が犬歯から奥歯の方へ分散していき、前回お話ししたような症状が出ることがあります。

    対処として、マウスピースを使ったり噛み合わせの調整、被せ物で対応することもあります。

    次回はマウスピースの役割についてお話ししたいと思います。

  • Harada フロスセミナー

    投稿者:clover

    本日『患者さんの心が動くフロス提案セミナー』に参加してきました。

    いつも患者様にデンタルフロスの重要性をお話しさせていただいていますが、なかなか上手くお伝えできず悩むことが多いです。

    今日のセミナーでは、患者様目線からの話をたくさん聞き、今まで気付かなかった事が多くありました。さっそく明日の診療から患者様にお伝えしていきたいと思います。

  • hara □ 知覚過敏と噛み合わせ①

    投稿者:clover

    院長の原です。

    今回は知覚過敏と噛み合わせの関係についてお話ししたいと思います。

    この時期、秋も深まってきて水も冷たくなったからなのか、知覚過敏を感じる患者さんが増えてきている気もします。

    しみる場所は歯の根元近くがほとんどですが、よく見ると少し削れて凹んでる状態の歯がよく見られます。

    これをくさび状欠損と言います。

    これらは全部歯ブラシによって削れていると思う方も多いですが、逆に噛み合わせが原因になっていることの方が多いことを知っている方は少ないです。

    奥の方の歯は縦の噛む力には強いのですが、横からの力が加わると少しくびれた根元の部分の結晶が剥がれてしまい窪んでいきます。

    上の写真見るとイメージしやすいと思います。

    これが長年続くと写真のような状態になり、歯がしみたり場合によっては割れたりグラグラしてくることもあります。

    そのため、このようなこのような状態にある場合はマウスピースを使ったり日中の噛み合わせを意識したり、歯の形を調整したりする必要があることがあります。

    次回はくさび状欠損のでき方をお話ししようと思います。

  • m7◯ムーシールド

    投稿者:clover

    当院では、ムーシールドという矯正装置を導入してます。

    ムーシールドとは、口腔筋のバランスを整えることで、歯並びを良くしていくマウスピース型の矯正装置です。

    上下の噛み合わせが逆になってしまう反対咬合の原因は、口腔周辺の筋肉が正しく機能していないためと考えられます。

    きれいな歯並びの人は、物を飲み込むときに舌が上顎を押さえつけるようにぴったりとはまっています。

    しかし、反対咬合の人は、上顎に舌はつかず、飲み込む度に舌が下顎を前方に押しています。

    そのため、上顎は小さく、下顎は大きくなると考えられています。

    このように舌が正常な位置になかったり、下顎が出ているような方にオススメしているものです。

  • ty□パタカラ

    投稿者:clover

    先日、パタカラWを再購入しました!

    このパタカラは、歯学博士が研究・開発した器具で、
    元々、リハビリを必要とする患者さんのために、表情筋を鍛える器具として作られたそうです。

    数年前に口腔ケアのセミナーに参加したとき、その中でパタカラの効果を目の当たりにし、

    気まぐれながらに使うようになりました。

    一時期はかなり愛用していたのですが…

    引っ越しでなくしてからずっとできずにいました。

    こんな感じで口に入れて使います。

    3分くらい使うだけで、お口まわりの筋肉がとっても疲れます!

    口輪筋を鍛えると、口元が引き締まり、自然と鼻呼吸になります 。

    口をしっかり閉じている事により、口腔内が潤い、乾燥を防ぐことができますよね?

    それが、虫歯や、口臭予防に繋がります。

    また、表情筋が鍛えられ、
    目はぱっちり!口角はあがり、ほうれい線やしわ、たるみを解消させる効果もあるそうです!

    はぁ、素晴らしい限りですね…。

    私も昔を思い出し、再度がんばりたいです。

    また、みなさまは、パタカラ体操をご存じですか?

    パタカラ体操とは、「パ、タ、カ、ラ」と発音する、お口の代表的な運動のひとつです。

    加齢に伴い筋肉が弱ってくると、お口の周りの筋肉や舌の動きが悪くなります。

    その予防・改善が目的です。

    パタカラ体操の効果は主に、

    ①噛む力、飲み込む力の維持・向上
    ②だ液の分泌の促進
    ③発音がハッキリする
    ④入れ歯が安定する
    ⑤表情豊かになる
    ⑥口呼吸から鼻呼吸に戻すことで口腔乾 燥を防ぐ
    ⑦いびきや歯ぎしりの改善

    などなど。
    良いことだらけですね!

    「パ、タ、カ、ラ」と、発音するだけなら、気軽にトレーニングできますよね(^^)
    お口の乾燥などが気になる方は、ぜひやってみてください♪