• 一度痛かった歯が痛くなくなった

    投稿者:clover

    こんにちは歯科医師の内田です。
    最近よく質問いただくのが「歯が一回すごく痛かったけど我慢していたら落ち着いた。これって治ったということですか?」といった質問です。

    この一文章だけでは確定した判断はできませんが基本的にはそのままにせず歯医者さんに行った方がよいことが多いです。
    今回はこの一文から考えうる歯の中の状態についてご説明いたします。

    この記事では
    ・虫歯のメカニズム
    ・歯の構造
    ・痛い虫歯と痛くない虫歯
    ・一度痛くなった虫歯は痛みが落ち着いても歯医者さんへ!

    について説明しています。

    まず歯が痛くなる代表的な原因として虫歯があります。
    虫歯になると歯の表面に穴があきます。
    健康な歯の図↓

    次の図を見ると一番外側が黒くなっているのが分かりますよね。

    この断面図上では一番外側の白いところがエナメル質といいます。この段階では痛みを感じないことが多いです。
    穴が開いているところには汚れがたまりやすくなるのでこのまま放置していると次の段階に進みやすくなります。

    次の段階はこちらです。

    さらに真相のクリーム色の層まで黒くなってきています。
    一番外側のエナメル質、その内側のクリーム色の層は象牙質といいます。
    さらにその奥、オレンジ色で表されているところは歯髄と言っていわゆる歯の神経です。
    歯の神経は血流でできていて、あごの骨からつながっています。

    この状態、2層目の象牙質まで虫歯が進んでいると冷たいものや甘いものがしみることもありますが無症状の場合も多いです。
    ここまでの層を虫歯の治療で削り取ると痛みが出ることが多いです。
    また、一番外側の層、エナメル質よりも内側の象牙質はエナメル質に比べて柔らかく、虫歯の進行が速いとされています。

    さらに虫歯の進行が進むと

    この段階まで虫歯が進むと歯の神経である歯髄にまで虫歯が進行しています。
    ひとつ前の段階と比べて明確な痛みが続くことが特徴です。咬んでも痛みがあったり、熱いものがしみたりします。何もしていなくても痛みがあることもあります。
    痛みを放置すると虫歯菌が歯髄をおかして神経が死んでしんでしまうことがあります。

    この状態が「一度痛みがあったのに我慢したら落ち着いた」という状態の多くに当てはまると思われます。

    ここまで読んでいただいた方にはお分かりかと思いますが神経が死んでしまったという状態であり、何かが治ったわけではありません。
    図より左側の神経の先には膿もたまっているので一度痛みがなくなってももう一度痛みが出る可能性や咬んだ時の痛みが出ることもあります。
    また、そのまま長く放置し、歯が虫歯菌によってボロボロになってしますと歯が割れてしまうリスクも高まります。

    「一度痛みがあったのに我慢したら落ち着いた」という症状だけではすべての人が当てはまるわけではありませんが痛みがあったときは痛みが落ち着いたとしても一度歯医者さんで診察することで安心できますよね。

    口の中は自分ではよく見えませんので定期的な検診も大切になります。
    歯医者に行くのはめんどうという方も多いと思いますが一度症状があった方はお早めに歯医者さんで相談されてはいかがでしょうか。

  • 口を開けるとカクッと音が鳴る

    投稿者:clover

    こんにちは。歯科医師の内田です。

    毎日診療しててお口を開けてもらう時にガクンと音がなる方が多くいらっしゃいます。

    みなさまにもこのような症状はありませんか?

    ・朝起きた時になんとなく顎が重たい感じがする

    ・大きく口を開ける(閉じる)とガクンと音がする

    ・こめかみの上あたりが痛い

    ・口が開きにくい、閉じにくい

    これらは顎関節症の代表的な症状です。

    診察をしていると半分以上の患者様がいずれかの症状を持っているように感じます。

    顎関節症は多因子が関わっており、現代の生活習慣病の1つと考えられています。

    ・口を大きく開けすぎない

    ・硬いもの(かた焼きのせんべいなど)を控える

    ・わざと音を鳴らさない

    ・お風呂に入ったり血行が良い時に咬筋(噛み締めた時に膨らむ頬の横の筋肉)をマッサージする

    ・食いしばってるなと思ったら噛んでる力を緩める、2ミリくらい上の歯と下の歯の隙間をあける

    これらを生活の中に取り入れるだけでもだいぶ楽になると思います。

    すぐにできることが多いので、一度試してみ

    てください!

    上記は概要になりますので

    これって顎関節症かな?と思ったら一度歯医者さんでご相談いただけるとさらに詳しく検査、ご説明致します。

  • 志野□虫歯の治療のその後①

    投稿者:clover

    虫歯の治療の後はとったままだと穴が空いたままなので食べ物も詰まりやすくなりますし、神経がある層から露出してしまうので、しみる症状がでてきてしまいます。したがって穴を埋める作業が必要になります。

    この穴を埋めていく治療のことを歯科では”修復治療、補綴治療”と呼びます。

    今回は歯の神経が保存できた場合についての修復、補綴治療の流れを説明させてください。

    ①コンポジットレジン修復(CR)

    コンポジットレジンは歯科用のプラスチックです。柔らかい状態で詰め、特殊な光を照射することで硬くなる性質をもっています。

    1歯の表面処理をし、水洗、乾燥

    2防湿、乾燥させる

    3再度別の表面処理後、エアフロー後光を照射し、歯と材料の接着の準備する

    4シェード(歯の色)を合わせた材料を詰め、光を照射する

    5形を調整する

    6表面を磨く

    メリット

    白く治せる

    虫歯に直接詰めれるので削る量を最小限にすることができる

    一日で治療を終了できる

    デメリット

    プラスチックの材料なのでやや強度が劣る

    時間と共に変色する

    しかし最近の材料は進化してきているので物性も向上し、強度も強くなり、変色もしづらくなってきています。

    当院では虫歯の範囲がそこまで大きくない場合はこの修復方法で修復します。

    <当院の治療症例>

    治療前

    レジンが着色していて、歯と材料の間に隙間があり汚れが溜まりやすい状態です。

    治療後

    中の虫歯をとり、隙間なくつめ、見た目もきれいになりました。

  • 志野□口腔内写真

    投稿者:clover

    ご自身の口の中の写真見たことありますか?

    当院では初診の方、治療途中の方に口腔内写真をお撮りしています。

    口腔内写真とは口の中のカラー写真のことです。口の中に鏡を入れて撮影します。(レントゲン写真とは別)

    カラー写真をみることで自分の口の中で見えない歯の状況を見ることができたり、客観的に口の中を確認することができ、また私達も治療計画を立てることに役立てることができます。

    ご自身の歯の状況を見てみたい方、通院中の方でもご希望があれば写真をお撮りできますのでお気軽にご相談ください。