• NH EFLine

    投稿者:clover

    当院では、EFLineという機能訓練矯正装置を取り扱っています。

    これは、お口の周りの筋肉の緊張と顎の成長に悪影響を及ぼす悪い癖や習慣を改善し、正しい顎の発育、顔面筋の成長を促し、歯並びやかみ合わせのための環境を改善させることを目的として使用します(予防が目的)。

    正しい呼吸や嚥下を覚えることで正しい成長をしてその結果として歯並びも正しい方向に誘導されます。

    小学校に入る前のお子様から使用できます。詳しくは、当院スタッフまでお問い合わせ下さい。

  • □Na*歯ぎしり・食いしばり

    投稿者:clover

    冷たい水で歯がしみることはありませんか?しみる原因は様々ですが代表的なものが「知覚過敏」です。酷くなると瞬時的に鋭い痛みを感じることもあります。

    その原因は何でしょうか?

    そこで考えられるのはストレスや噛み合わせの悪さが原因で起こる歯ぎしり・食いしばりです。しかし多くの場合は自覚がありません。

    チェックしてみましょう。

    ・上あごの中央や下あごの内側に骨の隆起がある

    ・あごの関節が痛い、肩こりがある

    ・上下の歯の噛む面が平になっている、歯の外側、歯肉との境目あたりが削れている など

    当てはまるものはありましたか?長時間歯ぎしりや食いしばりをしていると歯が割れる、ぐらつくという症状がでてもおかしくありません。予防するためにマウスピースを使う方法もあります。是非ご相談くださいね😊

  • Hm◯ フロス

    投稿者:clover

    皆さんは普段フロスを使っていますか?

    歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢は約60%程しか除去できないと言われています。

    フロスのみを使用した場合は約90%、歯ブラシとフロスを併用すると約95%の歯垢を除去することができます。

    このことからフロスはかなり重要だということがわかると思います。

    フロスには種類があります。

    ①はホルダータイプで奥歯にも入れやすく使いやすいですが、歯面に沿わせるのが難しく、汚れの除去率はやや劣ります。

    ②は糸ようじタイプで前歯に入れやすく安いですが、奥歯に使うには難しく汚れ除去率も劣ります。

    ③は手巻きタイプで歯面に沿わせやすく歯垢除去率は1番高いですが、奥歯など最初は慣れるまで難しいかもしれません。

    ④のフロスは最近見つけたのですが2WAYタイプのフロスでホルダータイプにすれば奥も磨きやすく、持ち手がついてるので写真のような状態でも比較的奥歯にもフロスが通しやすかったです。

    目的は同じですが様々なタイプのフロスがあるので、フロス選びに迷った時や使い方がわからない時は是非相談してくださいね。

  • ty□乳酸菌タブレット

    投稿者:clover

    当院では、乳酸菌のタブレットを販売しています。

    世界の医療現場で採用されているヒト由来の生きた乳酸菌がお口の中でしっかり定着して、虫歯や歯周病など口の中や全身の健康を促進します!

    私も寝る前に一錠取り入れていますが、ミントやストロベリー味が美味しくて毎日続けられています(^^)

    日頃のセルフケアに加えて、一日一錠舐めてみてはいかがでしょうか?

  • m7◯ブラッシング法について

    投稿者:clover

    皆さんは普段の歯磨きはどのような磨き方で行っていますか?

    沢山磨き方があるのはご存知ですか?

    実は9種類もあるんです!!

    その中で2種類のブラッシング方法をお教えします!

    まず一つ目はスクラビング法です🦷

    歯ブラシを横に数ミリ程度の範囲で小刻みに動かす方法です。

    比較的操作が容易で歯垢の除去効果が高いと言われています。

    二つ目はバス法です🦷

    歯ブラシの毛先を歯茎の方向に45度の角度で当て横に数ミリ程小刻みに動かす方法です。

    歯茎周りは汚れが残りやすいので、

    バス法で磨くと綺麗に歯垢が除去できます!

    違う磨き方してる!っていう方は良かったらスクラビング法、バス法やってみて下さい!

    ※歯磨きする際は優しく磨いて下さいね😄